「トレーニング中」にはカラダは変わらない?!

main03

「トレーニング中」にはカラダは変わらない?!

カラダを動かす機会が少ない現代人には、
日常的なトレーニングが必要不可欠です。

ただし!実は、トレーニングによってカラダが変わるのは、
「トレーニング中」ではありません!
どういうことでしょう??

 

大切なのは「ダメージ」の後の「回復」

ご存知の方も多いかもしれませんが、
トレーニングというのは、筋肉・骨格を動かして、
一定の「ストレス」をかけて、わざと「ダメージ」を与えます。
この「ダメージ」から回復する過程で、
カラダは【トレーニング前よりも高いレベル】まで回復するため、
トレーニングによってカラダが変わってきます。

これを専門的には「超回復(supercompensation)」と呼びます。

つまり!
トレーニング直後は、トレーニングによってカラダは一度ダメージを受け、
トレーニング後の「休息」による「超回復」で、
カラダはトレーニング前よりも高いレベルへ成長する。
というのが、トレーニングの基本的な仕組みです。

 

「超回復」はいつ起きているか?

この超回復が起こるのは【トレーニングから48〜72時間後】。
なので、トレーニング後の48時間はしっかりと休息を取り、
48〜72時間後のタイミングで再びトレーニングを行うと、
再び超回復のプロセスが始まって、どんどんカラダが変わります。

そして、週2〜3回程度トレーニングをすると、
この「48〜72時間」のスパンに当てはまるため、
一般に「トレーニング頻度は週2〜3回」と言われるゆえんです。

・・・

と、ここまでは、Ta○zanなどの雑誌やネットの情報にも
よく載っているトピックなので、ご存知の方も多いかもしれませんね!

しかし、ダ・ヴィンチはここではお話は終わりません。

よく考えてみてください。
「48〜72時間後」って、ずいぶんと幅がありませんか??

 

本当に効果を引き出そうと思ったら!

実は、超回復の仕方にはかなり個人差があります。
たとえ「48〜72時間」の範囲であっても、
タイミングによって十分回復できていないこともあります。

トレーニングをしようとしたその日・そのタイミングが、
果たしてトレーニングで追い込むべきなのか、
それとも休息して超回復を狙うべきなのか、
確かめる方法がないと困りますよね。。

そこで、今回は「カラダの回復度」を確かめる方法をお伝えします!

 

「カラダの回復度」のチェック法

【方法1:体脂肪率を測る】
ご自宅でできる簡単な方法がこれです。
実は体脂肪計には、体水分量を測る機能があります。

専門的なことは省きますが、
トレーニング後、体脂肪率をこまめに測ると、
いつもの体脂肪率から変化します。

多くの場合は、
・トレーニング直後:体脂肪率が下がって表示
・回復中:体脂肪率が上がって表示
・超回復:体脂肪率が下がって表示
という推移を取ります。

この「普段より体脂肪率が上がってから下がるタイミング」、
これが回復をしてカラダがトレーニングの準備ができている状態です。

ただ、この方法には非常に誤差が大きく、
当てはまらない場合も多いので注意が必要です。
「自宅で簡易的にできる目安」として考えてください!

 

【方法2:心拍変動を測る】
心拍数の変動から、カラダのコンディションを測ることができます。
専門的には「心拍変動」と呼び、
普通はなかなか把握することが難しい「自律神経」の状態を測定し、
客観的に、超回復が十分起きているのかを確かめることが出来ます。

最近ではスマホアプリで「心拍変動」を測るものも出てきました。
ただし、専用の心拍モニターを使わないアプリは精度があまり高くないので、
信頼度としてはやや低いかと思います。

ダ・ヴィンチでは毎回のトレーニング前に「心拍変動」を測定し、
超回復が十分起きてトレーニングをガッツリ行えるのか?
あるいは、回復を引き出すためのエクササイズを行うべきか?
という、その日のトレーニング方針を決めています。
(※LIGHTコースで実施するHROトレーニング)

 

以上のような方法で、「超回復」をしっかりと把握して、
更にトレーニング効果を引き出してみてください!!

まずは30分の無料体験してみませんか?
見学のみも大歓迎です!