• 「このビフォーアフターが、びっくりです。」
    鈴木美穂様(52歳)

    「とにかく肩をなんとかしたい」とご入会された鈴木美穂(すずきみほ)様。
    開始当初は「え、こんなんで良いの?」と半信半疑だったそうです。
    それがどんな風に変わったのか、ダ・ヴィンチ代表・福田が伺います。

「パーソナルでがっちりとっていうのは知らなかった。」

ダ・ヴィンチ福田(以下、福田):一番最初は、弊社上野からお声がけさせていただいたのがきっかけでしたか?

鈴木様(以下、敬称略):そうでしたね。

福田:その前は、フィットネスクラブなどには行かれてたんですか?

鈴木:むかーし、何回か家の近所のジムは行っていたんですけど、結局は自分の行ける時間が限られてくるので、ずるずると辞めてしまっていましたね。
この1年位なにもしないでいて、そうしたら肩がどうしようもなく痛くなってしまって。

福田:「パーソナルトレーニング」はご存知でしたか?

鈴木:ジムに行っていた頃は、顔なじみになるトレーナーさんがいる程度で、こんなパーソナルでがっちりとっていうのは知らなかったですね。

「一番はじめの印象は、
このキャッチコピーがスゴイ刺さったんですよね。」

福田:ダ・ヴィンチに初めてお越しになったとき、第一印象はどんな風に感じましたか?

鈴木:一番はじめの印象は、このキャッチコピーがスゴイ刺さったんですよね。「ああ自分のことね」って。

福田:「動かしているのが指先だけの時代になってしまった」って、これですね。

鈴木:ええ。あともう一つのこれ、「万が一当ジムが潰れても自分で続けられるトレーニングを」
これも「このコンセプト面白いね」っていう話を友だちにもして、「家でも出来るとか」そういう身近感がいいな、と。とにもかくにも、この肩をなんとかしてくれるんだったら頑張りたいと思ってましたね。

「このビフォーアフターが、びっくりです。」

福田:どうですか、実際にトレーニングを受けてみて?

鈴木:よくあるじゃないですか、「使用前・使用後」みたいな写真を撮っておけばよかった、なんて思います。

福田:それは、それくらい変わったということですか?

鈴木:最初、もう上がんなかったですからね、まったく。でも今は、全然上がるっていう。 このビフォーアフターが、自分でも毎日ちょっとずつだからあまり気が付かないんですけど ね、びっくりです。

福田:聞いたところによると、以前は着替えるのが結構大変だったそうですね。

鈴木:そうなんですよね。今でこそ、全部忘れていってるんですよ。
人前で着替える時そういうとこ見せたくないじゃないですか、女性の心理として。
スマートに着替える工夫をしながら着替えるんですけど、いや、まあ痛いこと痛いこと(笑)いやぁ、大変でしたね。

福田:トレーニングはどうですか?キツイのか、楽なのか?

鈴木:それが、「え、こんなんで良いの?」ってくらいで終わってしまって。
毎週「これで良くなるの?」っていうのが最初の2〜3回くらいでしたね。

福田:「え、これで終わっちゃうんだ?」みたいな?

鈴木:ですね。毎週1回で、うちに帰ってやるって言ってもちょっとしたメニューのみ。
「え、ほんとにこれで大丈夫?」って思ってました。


福田:変化を感じたのってどれくらいからですか?

鈴木:どうだろ4〜5回目くらいかな…?少しずつ集中して、ちょっとずつちょっとずつ良くなってるような。

福田:それが、いつの間にかすごく変わっていた、と。

鈴木:そうですね!

「トレーニングが終わって帰る時のこの爽快感はスゴイ。」

福田:実際に通ってみて、ダ・ヴィンチの良いところと悪いところを教えていただけますか?

鈴木:まず良いことは…
これまでのジムは、自然とフェードアウトしてきたわけですよね。仕事が忙しいなんだかんだ言って、土日とかってもう極度に疲れきっているので…。

ダ・ヴィンチさんにはそれでも来れているのは、担当の筒井さんが素晴らしいっていうこともありますけど、「え、こんなものでいいんだっけ」っていうくらいのメニューで、自分がよくなっていっている実感があること。

普段ほんとに疲れて死にそうなくらい眠いんですよ…(笑)
いつも「眠い眠い」ってトレーニング始まる前言ってるんですけど、トレーニングが終わって帰る時のこの爽快感はスゴイなと思います。

あと私の通っているPROコースは、確かにお高いっていうのがあるんですけど、予約がとても取りやすいというのは仕事上助かっていますね。

それに、家でもできるようなメニューを教えていただいているのもいいですね。で、家でも思い出したら、ちょっとやってみるっていうのが。

福田:ありがとうございます!悪いところはいかがでしょう?もしよかったら、ご指摘いただければ。

鈴木:悪いところ…、悪いところって、うーん…
たとえば悪いところってどういうところ?

福田:(笑)たまにご指摘いただくのは、設備面でもう少し広いといいな、とかですかね。

鈴木:あぁ、なるほど。ただ、まぁ、設備面は言い出したらきりないじゃないですか。
確かに、ゆったりジムに来ている時間を楽しむっていうのを求めると、色々欲しくなるのかもしれないですけどね。
そういう面ではあるに越したことはないですけど、もうぱっと来てぱっと帰るって言う方が、わたしはそれがいいのかな。

福田:わかりました!参考にさせていただきます。

「今のところ非常に予約が取りやすいので、
このペースでやれるといいな。」

福田:最後に、ダ・ヴィンチへの今後の期待をお聞かせいただけますか?

鈴木:そうですね…、潰れないでほしい(笑)

福田:はい。がんばります!(笑)

鈴木:あとは、今のところ非常に予約が取りやすいので、ほんと自分勝手なことなんですけど、このペースでやれるといいな、と。

福田:潰れない程度に、混み過ぎないということですね(笑)

鈴木:はい…(笑)これはもう私のほんとに希望ですけどね。

福田:いえいえ!いつまでも気軽に来れるジムでいたいと思いますので。

鈴木:引き続き、よろしくお願いします。

福田:こちらこそ、よろしくお願いします!ありがとうございました。

まずは30分の無料体験してみませんか?
見学のみも大歓迎です!