ストレッチの「ウソ?」「ホント?」  【読了目安:約2分】

exercise-86200_640

こんにちは!

 

半蔵門駅から徒歩2分の
パーソナルトレーニングジム、
[ダ・ヴィンチ]です。

 
 

先日、お客様から、
こんな質問をいただきました!

 

「ストレッチって、続けていたら
筋肉は本当に柔らかくなるの?」

 

運動前や運動後によく用いられている
ストレッチ。

 

ダ・ヴィンチでも、
もちろん、全てのお客様に、
実施していただいています。

 

そんな「ストレッチ」ですが、
皆さんは詳しく知ってますか?

 

今回は、知ってるようで知らない
「ストレッチ」について、
詳しく紐解いていきたいと思います!

 
 

【1】ストレッチとは?

 

そもそも「ストレッチ」とは、
その名の通り「筋肉を伸ばす」ことです。

 

効果としては、、、

 

・動きやすい身体づくり
・けがの予防・回復
・血行促進
・健康維持
・ダイエット

 

などが挙げられます。

 
 

【2】ストレッチの「ウソ?」「ホント?」

 

普段ジムに通っていないくても、
1つや2つのストレッチなら、
ご存知の方も多いはず?!

 

「家でたまにやってるよ。」

 

という方もいらっしゃると思います。

 

ただし!
正しいやり方で行わないと逆効果、
なんてこともあるので要注意です。

 

具体的に「間違った方法」とは、、、

 

・反動をつける
・朝の時間帯に行う
・痛みを我慢する
・長い時間伸ばす

 

などなどあるのですが、
一体なにがいけないのでしょう??

 
 

【3】何がいけないの?

 

まず、筋肉は瞬間的にストレッチすると、
逆に筋肉が切れないように守ろう
という反応が出ます。

 

反動をつけてしまうと、
筋肉にストレスがかかりやすくなり、
怪我に繋がる恐れがあります。

 

また、朝起きてすぐのストレッチは、
筋肉を伸ばす・柔軟性を向上させる
為には効果的ではありません。

 

眠っている間、基本的には
じっとしていますよね。
筋肉や関節は、動かさないでいると
硬くなるという特徴があるためです。

 

更には、ストレッチをして痛く感じる位置が
筋肉の張りの限界です。
これを超えてのストレッチは筋肉の損傷を
引き起こすことに繋がってしまいます。

 
 

【4】How to ストレッチ

 

では、ストレッチの効果を
しっかり出すためには、
どうしたらいいのでしょうか?

 

まず「タイミング」
できれば、夜の入浴後に行いましょう!
筋肉も温まり、リラックスしているので、
とても伸びやすくなっています。

 

次に「伸ばし方」
無理に伸ばそうとし過ぎず、
「会話が普通にできる程度」で
反動をつけず、伸ばすようにしましょう。

 

そして、何より「継続」!

 

「週1日で、まとめてやってしまおう!」

 

なんてことはせずに、
1日10分でもいいので、
少しづつ始めるようにしましょう!

 

「筋トレは辛いから、
今の私には厳しいかも・・・」
という方!

 

是非とも、「ストレッチ」から、
運動を始めてみてください!

 
 

それでは、次回もぜひご覧ください!

まずは30分の無料体験してみませんか?
見学のみも大歓迎です!