「心拍数」でカラダを変える、HROトレーニングとは?・前編

heart-213747_640

こんにちは!

半蔵門駅から徒歩2分の
パーソナルトレーニングジム、
[ダ・ヴィンチ]です。

 

ダ・ヴィンチでは「3つの心拍データに基づく科学的トレーニング手法」として、
「HRO(心拍最適化)トレーニング」というメソッドを取り入れています。

 

この「HROトレーニング」とはどういった方法で、
なぜこれが重要なのか、またどんな効果があるのか、
など詳しくご紹介してまいります!

 
 

【そもそも心拍数とは?】

心拍数とは「1分間に心臓が何回拍動(脈打つ)か」という数値で、
いわゆる「脈拍」のことを指します。

 

ご自分でも手首や首筋に触れると測ることが出来ますが、
トレーニング中は「心拍モニター」という腕時計型の器具で、
運動している最中も心拍数をチェックし続けることができます。

 

これが今までなかなかコストがかかっていた部分で、
最近では手軽に購入できるように技術が進んできたこと、
パーソナルトレーニングでも利用出来るようになったのですね!

 
 

【3つの心拍データとは?】

「HROトレーニング」では、次の3つのデータを測定して、
一人一人の、そして、その時その時の状態にトレーニングを最適化していきます。

その心拍データとは、、、

1,脂肪燃焼力(VO2Max)
「脂肪を燃焼してエネルギーに変える能力」を指します。
有酸素運動(ジョギング)などを長時間行える「スタミナ」にも影響します。

2,心拍変動(HRV)
「自律神経の働きを通して分かる身体的・精神的ストレス値」です。
カラダが休息を必要としているのか、あるいは強度の高いトレーニングが適しているのか、
科学的かつ客観的に測定することができます。

3,心拍ゾーン(運動強度)
「重さや回数ではなく、その人にとっての絶対的なトレーニング強度」が分かります。
同じ重さや回数でも、人によってどの程度の負荷になるかは異なります。
心拍ゾーンによって相対評価ではなく絶対評価で運動レベルが測定できます。

の3つです!

 

と言われても、
「これが分かるとトレーニングはどう変わるの?」
「私にとって必要なことなの??」
など、疑問が残りますね!

 

そこで次回は中編!
「HROトレーニング」の実際のトレーニングでの効果や、
具体的なトレーニングの進め方などをご紹介していきましょう!

 

それでは、次号もぜひご覧ください!

まずは30分の無料体験してみませんか?
見学のみも大歓迎です!