「酵素」ってナニ?酵素、酵母、発酵の違いは??【読了目安:約2分】

8567248378_fbd5fb2680_z

こんにちは!

 

半蔵門駅から徒歩2分の
パーソナルトレーニングジム、
[ダ・ヴィンチ]です。

 
 

唐突ですが、、、
「酵素」が巷で大人気ですね!

 

ちょっと健康志向なお店など見ると、
「酵素○○」なんて商品が溢れています。

 

「じゃあ、酵素ってなに??」

 

と、改めて聞かれると、
なかなかハッキリ分かる方は少ないハズ!

 

そこで、今回は「酵素」について、
詳しく解説します!

 
 

【1】そもそも「酵素」とは?

 

辞書的な定義としては、

 

┏              ┓
さまざまな生命活動の中で、
『触媒』として働くタンパク質
┗              ┛

 

のこと。

 

と言われても、
正直「なんのこっちゃ?」ですよね!

 

まず第一に、カラダのあらゆる活動は、
細胞・分子のレベルで見ると、
様々な「化学反応」によって起きています。

 

この「化学反応」に必要不可欠な、
のりやハサミのような「道具」、
これが「酵素」です。

 

この「道具」である「酵素」は、
タンパク質で出来ていて、
非常に多くの種類があります。

 
 

【2】「酵素」は必要不可欠!だけど…

 

「酵素」は、カラダのあらゆる活動で、
なくてはならない「道具」です。

 

食べ物を消化する
筋肉を動かす
脂肪を燃やす
細胞が入れ替わる

 

などなど、あらゆる生命活動の根幹に
「酵素」は深く関わっています。

 

ただし!

 

「酵素」というのはあくまでも
「道具として働くタンパク質」のこと。

 

人間のカラダは、必要な「道具」を
自分自身で作り出して使います。

 

残念ながら、体外から「酵素」を食べても、
単に「タンパク質」として消化され、
「道具」としては使われません。

 

「えっ?!じゃあ酵素食品って…」

 

はい、そうなんです。

 

「酵素食品」が巷であふれていますが、
これらの効果として「体内で酵素になる」
といったことを謳っているとしたら、、、

 

それは、完全に間違いです。

 
 

【3】酵素、酵母、発酵の違い

 

「酵素」と良く似た言葉に
「酵母」や「発酵」といったキーワードも、
聞いたことがありますよね?

 

「発酵」は、大豆が納豆になったり、
お野菜が漬物になったりする、アレ。
「酵母」は、この「発酵」を引き起こす
「微生物(菌)」のことを言います。

 

そもそも「酵素」は、
この「発酵」に不可欠な物質がある、
ということから発見されました。

 

その後、「酵素」は発酵以外にも、
生体のあらゆる活動に深く関わり、
多くの種類があることがわかったのです。

 
 

【4】「発酵食品」のチカラ

 

「酵素」は食べても意味がありませんが、
「発酵食品」はカラダにはとても有益。

 

発酵した食品の効果は、

 

・うまみが増している
・消化吸収しやすい
・腸内環境を整える

 

などなど、非常にパワフルです。

 

特に和食は、
鰹節・味噌・醤油などの調味料、
納豆・干物・漬物などの食材、
などの「発酵食品」が非常に豊富で、
「世界一の発酵食」とも言われます。

 

「発酵」もまた「酵素」のチカラ。
積極的に「発酵食品」を取り入れましょう!

 
 

それでは、次回もぜひご覧ください!

まずは30分の無料体験してみませんか?
見学のみも大歓迎です!