えっ?!スポーツドリンクにご用心?【読了目安:約2分】

bottles-60475_640

こんにちは!

 

半蔵門駅から徒歩2分の
パーソナルトレーニングジム、
[ダ・ヴィンチ]です。

 

最近、暑くなってきましたね!

 

温度の高い、夏場は、
運動中の水分補給も欠かせません。

 

部活的根性論も今は昔。

 

適切な水分補給がカラダにマスト、
というのはもはや常識ですね。

 

ただし、スポーツドリンクには要注意!

 

飲み方に気をつけないと、
ベストな効果が引き出せないことも。

 

今回はそんな”スポーツドリンク”の
注意点と活用法をご紹介します!

 
 

【1】多すぎる糖分にご用心

 

さっぱり甘くて飲みやすいのが
スポーツドリンクの特長ですね!

 

ただし、この”甘さ”には要注意!

 

スポーツドリンクには、
かなりの糖分が含まれていて、
過剰な摂取は避けたいところ。

 

特に空腹時に飲むと、
一気に血糖値が上昇してしまい
脂肪を貯めこむホルモンの”インスリン”
大量に分泌されます。

 

簡単に空腹感がおさまるので、
ご飯を食べずにスポーツドリンクを飲む、
なんて生活を続けていて
糖尿病になってしまった実例も!

 
 

【2】運動中は”ただの水”が最適?!

 

スポーツドリンクといえば
運動中に飲むのがベスト、
かというと、実はそうではありません。

 

運動中~運動直後のカラダは、
”浸透圧”が低下するため、
スポーツドリンクは吸収しにくくなります。

 

もし運動中に飲むのであれば、
2~3倍程度に薄めるのがベスト!

 

ただ、塩分・糖分が失われる量からすると、
2時間以上屋外で運動しない限り、
通常は”ただの水”が最も適しています!

 
 

【3】運動後にこそスポーツドリンクを

 

一般的なスポーツドリンクは
安静時のカラダで塩分・糖分が
吸収しやすいように設計されています。

 

このため、”運動前”か”運動後”こそ
スポーツドリンクを飲むべきタイミング!

 

特にトレーニング後には
筋肉の糖質が消費されているので、
速やかに補給して、回復させたいところ。

 

このタイミングにあわせて、
やや多めの糖質が含まれているんですね!

 

普段糖質を気にしている、という方も、
運動後のスポーツドリンクは問題なし!

 

なので、しっかり補給しましょう。

 
 

【4】”ハイポトニック”なら運動中に!

 

今回ご紹介したのは、一般的な
「アイソトニック」と呼ばれる種類の
スポーツドリンクのこと。

 

現在では「ハイポトニック」といって、
運動中の摂取に最適化して設計された
スポーツドリンクもあります。

 

ハイポトニックかどうかは、
もしラベルに書いていなければ
糖質の含有量が【2.5%】程度なのが
ハイポトニックの目印!

 
アイソトニックとハイポトニックを見分け、
ベストなタイミングで摂取しましょう!

 
 

簡単に行える「水分補給」ですが、
工夫して補給することで、
パフォーマンス高く、運動出来ます!

 

是非、お試しください!!

 
 

それでは、次回もぜひご覧ください!

まずは30分の無料体験してみませんか?
見学のみも大歓迎です!