お酒を飲むと、筋トレの意味がない? 【読了目安:約1分半】

cider-822262_640

こんにちは!

 

半蔵門駅から徒歩2分の
パーソナルトレーニングジム、
[ダ・ヴィンチ]です。

 

筋トレで汗を流した後にちょっと一杯、、、

 

そんな気分になることも
たまにはあると思います。

 

しかーし!

 

その前に、
知っておいてほしい事があります!

 

お酒を飲みすぎると、
身体を壊すというだけでなく、
実は筋肉にも直接的な影響があるのです。

 
 

【1】筋肉が成長しなくなる?

 

トレーニング後にアルコールを
摂取すると、
【テストステロン】
の分泌量が下がってしまうのです。

 

【テストステロン】とは、、、

 

・骨や筋肉の強度の維持
・血液を作る働き
・動脈硬化の予防
・脳の働き

 

などの役割を持った、
成長ホルモンのこと。

 

つまり、せっかく
トレーニングをしたのに、
筋肉が成長することが
できないということですね。

 
 

【2】筋肉が回復しなくなる?

 

さらに、アルコールを飲むと
【コルチゾル】
という物質の分泌量が増えます。

 

コルチゾルには筋肉を分解する
働きがあります。

 

ということは、
「テストステロン」「コルチゾル」
の影響によって、、、

 

筋肉を大きくする物質が減り、
筋肉を分解する物質が増えることで
筋トレの効果が出づらくなるという
悲しい結果を招いてしまうわけですね。

 
 

【3】それでも飲みたい!

 

そうは言っても、
やっぱり飲みたくなる!
のが人情ですよね。

 

そんな方は、、、

 

トレーニングした日だけ、
お酒を控えるようにしましょう。

 

また、お酒を飲む時は、
タンパク質系の食品も一緒に食べましょう。

 

タンパク質には、アルコールの吸収を
ある程度緩やかにする効果があります。

 

また、内臓がアルコールを分解する時にも、
ビタミン・ミネラルが必要になるので、
サプリメントなどで補給することも
イイと思います!

 
 

少量であれば、ストレス解消の
効果もある、「アルコール」ですが、
トレーニング効果も含めて、
上手に飲むようにしてみてくださいね!

 
 

それでは、次回もぜひご覧ください!

まずは30分の無料体験してみませんか?
見学のみも大歓迎です!