たった15分で効率アップ?!トレーナーが教える「昼寝」術とは? 【読了目安:約2分】

european-brown-bear-1477814_640

こんにちは!

 

半蔵門駅から徒歩2分の
パーソナルトレーニングジム、
[ダ・ヴィンチ]です。

 
 

今回のテーマは、
ずばり「昼寝」について!

 

「昼寝は『健康に良い』らしい」

 

ということは
多くの方がご存知かと思います。

 

ただ、実際には昼寝をせずに、
無理やり眠い午後を過ごしていたり、
上手な昼寝法を知らずにいる、
という方が多いようです!

 

そこで今回は
「トレーナーが教える『昼寝』術」
と題して、昼寝のオススメの方法を
詳しくご紹介していきます!

 
 

【1】たった15分で脳が活性化

 

「昼寝」の効果は、ずばり「脳の活性化」!

 

具体的には、、、

・記憶力や学習能力の向上
・集中力のリフレッシュ
・疲労回復
・ストレス解消
・心臓病やアルツハイマー病のリスク低下

 

など実に多くの効果があります。

 

それも「たくさん寝る」必要はなく、
たったの「15分」程度で十分!

 

むしろ30分を超えてしまうと、
すっきり目覚められなくなってしまい、
逆効果のため、長くても20分程度まで。

 

「昼寝」は夜の睡眠よりも効果が高く
実に【3倍】も疲れを取ってくれるので
短時間でも十分に効果があるのです!

 
 

【2】アイマスク・耳栓・アラーム

 

短時間で「質の高い昼寝」をするためには
環境を整えることも大切!

 

「光と音」をアイマスク・耳栓などで
なるべくシャットアウトできると、
深い睡眠を取れて効果的です。

 

その代わり、「昼寝」の姿勢は、
わざわざ寝る場所がなくても
デスクや椅子に座った状態でOKです。

 

また、耳栓をしても安心して眠れるよう、
バイブレーションでのアラーム(目覚まし)
も用意しておきたいですね!

 
 

【3】コーヒーは昼寝の「前」に!

 

コーヒーに含まれるカフェインは
「覚醒」作用があるため、
普通は睡眠前にはオススメできません。

 

しかし、短時間の「昼寝」の場合は、

 

「眠る前」にコーヒーを飲むのがオススメ!

 

というのも、コーヒーを飲んでも
カフェインが吸収されて
覚醒効果が出てくるまでには、
20分~30分ほど時間がかかります。

 

そこで、「昼寝」をする前に
一杯コーヒーを飲んでおくと、
ちょうど起きる頃に覚醒効果で
すっきり目覚めることが出来るのです!

 

目覚めた後、まだ眠い場合は、
軽いストレッチや”のび”をすると、
脳が刺激され、更に覚醒できます!

 

「昼寝」は、ちょっとした工夫で、
本当に効果的なリフレッシュになります!

 

効果的な「昼寝術」で、
眠くなりがちな午後の時間を
エネルギッシュに過ごしてください。

 
 

それでは、次回もぜひご覧ください!

まずは30分の無料体験してみませんか?
見学のみも大歓迎です!